1年で100本映画を鑑賞。私が憧れたかっこよすぎるヒロイン5選

つねこが憧れたかっこいい映画ヒロイン5選




こんにちは!
映画大好きポンコツつねこです。

私、映画が大好きでして…。
なんと昨年2017年の一年間で、100本以上観ていたことが発覚!!

暇人かよ

映画って、別の世界にいけるというか、違う人生を体験できるというか。
そんな気分になれるのが最高なんです。

そんなこんなで、映画を観まくったわたくし。
映画の中では、特に女性が主人公の物語が大好きで。

●『耳をすませば』
●『アメリ』
●『ブリジットジョーンズの日記』
などなど…
言い出したらきりがないw

女性が主役の映画が好きなのは、
☛女性目線で描かれていて、共感できるポイントがめっちゃあるから。

「その悩みわかるわ~」
「女の恋愛ってそうよね~」って。

そんな映画にもヒロインが多くいますが、その何人かに憧れてしまった私。
強い女性に、尊敬と憧れの気持ちを抱いてしまいました。

なので、
映画を観まくった私が、憧れた、
かっこよすぎる映画ヒロインを5人、紹介します
※主人公じゃない場合もありますw

『プラダを着た悪魔』

こちらの映画は、かなり有名。
観た人も多いかな?

私がかっこよすぎやん!!ってなった女性は、
アン・ハサウェイ演じる「アンドレア・サックス」さん。

彼女は、ファッション誌で編集長をしている、ファッション界のドン的存在のおばさんの右腕役w

めっちゃ大変そうでした。

気難しいおばちゃんの世話係とか、私できんなあ。

でも、アンドレアさんは、
めげずに自分の仕事をやってのけたんです。
ぜんっぜんファッションにも興味のない、ださーい女性だったのに。

最終的には、おばちゃんも認める存在に。
(あらすじの説明へたすぎかw)

まあ、簡単にいうと、
アンドレアさんは、めっちゃ悪魔なおばちゃんの元でしばかれつつも、めげずにやってのけた。
さらに最後は想像もしていなかったことをやっちゃうんです。

最後は、特にかっこよすぎた。
めんどうな要求もやってのけて、それをバネにしてとんでもない成長をしたアンドレアさん。
逃げ出さずに、しかもどんどん魅力的な女性になっていく様に惹かれちゃいます。
私もあんな女性になりたい。

『マダム・イン・ニューヨーク』

これまた、面白いお話の映画なんです!
どんでん返しの物語。

シュリデヴィ演じる「シャシ」さん。
彼女は、インドに暮らす主婦。
英語が出来ないからって、みんなからバカにされていたんです。

そんな彼女は、あることがきっかけでニューヨークへ行くことに。
だがしかーし、
ニューヨークって英語しか通じなーい!

なので、シャシさん落ち込みます。
そんな時に、英会話教室の広告を目にしたシャシさん。
「これだーーーー!!」
と、英会話教室に通い始めるんです。

そこからが、かっこいいんです!
シャシさん、めきめきと英語力をつけちゃいまして
最後、ニューヨークで親せきの結婚式に出て、スピーチをすることになるのですが…。

あとのお話は、ぜひ映画で!(笑)
ふぉーー!!!
シャシさん、かっこよすぎだろー!ってなりますよ~。

苦手なことを逃げずに立ち向かった、シャシさんのかっこよさに惚れましたねw

『湯を沸かすほどの熱い愛』

こちらは邦画。
銭湯を営んでいる、ある家族の感動のお話!

宮沢りえ演じる「双葉」さん。
末期ガンであると診断され、余命2~3か月と告げられる。

普通、ここで「なんで私が…」ってなりますよね?
なのに、双葉さんは、
まだやらなくちゃいけないことが残ってる!
と、次々と残された仕事をやっていくんです。

悲しみにくれるんじゃなくて、周りの人を正しく導いていく
☛不登校の娘を立ち直らせる。
☛行方不明の夫を連れ戻して、銭湯と家庭を立て直す。
などなど…。

残された仕事を、すべてやりのけた双葉さん。
そんな双葉さんの姿に周りの人たちも感化されていく。

そんな女性います?
タフすぎる。
私そんな前向きになれる自信ない…。
そんな双葉さんに、尊敬。

現実を受け止め、やらねばいけないことを一つずつやってのけた女性の姿に、心打たれました。

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』

この映画は、かなり好き嫌いが分かれるw
タイトル通り、かなーりダーク!

ビョーク演じる「セルマ」さん。
ほんっと、辛いことばかり起きてしまうんです!!
もう、見ていられないくらい…。

●信頼していた知人に裏切られ、
●視力もどんどん失われ、
●愛する息子とも離れ離れに…。

セルマさんの辛い出来事は、まだまだこんなもんじゃないんですけど。
とにかく、かわいそうでかわいそうで。

こんなに素直な子が、こんな目に合わないかんの?
って、怒りたいくらい。
(※恐らくノンフィクションですw)

辛いことばかり起きてしまうけど、
どんなに辛くても、自分を見失わず、他人のことを思いやる、セルマさんの姿。

ううう~~泣いてしまうじゃんか~~。

彼女の人生を見ていると、自分の悩みなんて、ほんっとちっぽけだな、って思えます。
私、どんだけ幸せな人生送っとん!!
わがまま言いすぎじゃないかい?
となっちゃうくらい。

そんなたくましい姿を見て、かっこよか~ってなっちゃいました。

『リリーのすべて』

ハリーポッターシリーズに代わる新たな映画、『ファンタスティックビースト』。
そこで主人公を演じた、エディ・レッドメインさん。
彼が性別適合手術を受ける男性の役をしたことで話題の映画。

見た目は男性、心は女性である夫を持つ、「ゲルダ」さん。

あなたは、夫が「私は女性として生きていく」と言ってきたら、どうします?
ゲルダさんは、そんな格闘と戦った強い女性。

●夫が女性の姿で、ある男性と会っていたり、
●女性としての人生を望んでいる

そんなん夫がするようになったら、めっちゃ悩むじゃん!!
☛夫の望みを尊重すべきか
☛我慢をさせて男性として生きてもらうか

そんなん選べん…。
でも、ゲルダさんは夫を尊重したんです。

か、かっこよすぎる!!
自分のために生きてもらうのではなく、夫を尊重し、女性として生きていくことを応援した、ゲルダさん。

とっても尊敬しましたね~。
この映画は、LGBTについても考えさせてくれるので、観てほしい映画の1つです!

憧れヒロイン、まだまだいます

つねこの憧れヒロイン5選、どうでしたか?
下手な説明だったけど、彼女たちのかっこよさ、伝わっていてほしい!

そんなかっこよすぎる5人のヒロインを紹介しましたが、まだまだかっこいい女性、いっぱいいるんです!

●『タイピスト』
●『LALALAND』
●『おおかみこどもの雨と雪』
●『エール!』
●『サウンドオブミュージック』
●『死ぬまでにしたい10のこと』
●『メッセージ』

こちらの映画も、かっこいい女性おります!!
「かっこいい」という一言では表せないんですけどね。(笑)

もし、他にも「かっこいいヒロイン知ってるよー!」って方、ぜひ教えてくださいな。

▽この記事をSNSでシェアする