【本の感想】アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

【本の感想】アルフレッドアドラー 人生に革命が起きる100の言葉




アドラーって知ってはいるけど、
どんな名言があるかは知らない…。

っていう人、多いはずですよね。

私もその一人でした。(笑)

なので、
アドラーの名言をまとめている本を読んでみました

▽今読んでいる本

読んで率直な感想。
(やっと、アドラーさんの凄さに気づきました…。笑)

ということで、今回、
『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を読んだ感想を書きました。

 

本『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』の内容

アドラー心理学って言葉は、どこかで聞いたことのある人、多いんじゃないかな。

心理学者アドラーさんは、
ベストセラー本『嫌われる勇気』で有名ですよね。

つねこ
こちらも読ませて頂きました!
でも今回、紹介する本は、
「嫌われる勇気」ではないんです。

今回紹介する本は、
アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の名言

タイトルのとおり、
アドラーの言葉を、名言集としてまとめた1冊

線が引かれていたり。
名言は1ページ丸々使ってたり。

とにかく読みやすいんです

「自己啓発の父」と呼ばれているアドラーさんの名言なので、自己啓発と心理学を同時に学べる1冊になっているんじゃないかな。

 

アドラーの名言から、5つを厳選

つねこ
100つの名言、どれも共感しまくりでした…。(笑)
全部紹介したいけど、ここでは、
私的に、いいなと感じた名言を、5つピックアップしてみました

 

1.人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ

この言葉、一番最初に出てくるのですが。

ごもっともすぎる…。

人生、本当はシンプルなはず。

なのに、
「人生は辛い、苦しい」と感じるのは、自分がそういう風にしているから。

考え方を変えれば、人生はシンプルにできる

自分で人生を困難にするのは、やめよう。

この言葉を見て、そう感じましたね。

 

2.健全な人は、相手を変えようとせず自分が変わる

「過去と他人は変えられない。」

本文中でも引用している、エリック・バーンの言葉です。

他人を変えようとするくらいなら、自分が変わればいい。

そうするくらいなら、
今、自分にできることに集中するほうがいい

つねこ
他人を変えることはできないのに、それに時間を割くのは、もったいないですよね。
そんな暇があったら、自分がやりたいこと・できることをやればいい。

 

3.悩みをゼロにするには、宇宙でたった一人きりになるしかない

アドラーは、悩みについて、

「あらゆる悩みは対人関係に行き着く。」

と言っています。

「こういう人間でありたい」
と考える時も、周囲の目を気にしているのだとも、アドラーは言っています。

確かに、思い返してみると、
どの悩みも、周りのことに気にしていたからかも

バイトを辞めようか悩んでいた時も、
「周りの人にどう思われるんだろう」

就活に違和感を抱いていた時も、
「みんながやっているから、私もすべきなのかな」

悩みのタネは、全て対人関係からきてる

でも、それを知っただけでも、少し心が軽くなりますね。

 

4.感情に「支配」されるのではなく「利用」すればよい

アドラーは、
感情を、「車を動かすガソリン」に例えています

一歩踏み出す、または、
踏みとどまる。

その時に、感情を利用すればいい。

「辞めたい」という感情を利用して、退く。
「やりたい」という感情を利用して、一歩踏み出す。

感情に翻弄されるのではなく、
その感情を上手く利用すればいい

そんな風に思えた途端、
湧き出てくる感情が愛おしく感じてしまいました。(笑)

 

5.陰口を言われても、嫌われても、あなたが気にすることはない。「あなたがどう感じるか」は相手の課題なのだから

周りの目を気にしてしまう人は、
相手にどう思われているかを気にするから、辛くなる。

自分が間違っているとは限らないし、
その人がそう思うかも知ったこっちゃない。

どんなに凄い人であっても、
批判されたり、陰口を言われてる。

自分のことをどう思うかは、その人の課題

気にしすぎてたら、何もできません。

自分の信じる道を進めばいい

”相手の課題”だと思えばいいのか…。

ここは、
『嫌われる勇気』のタイトルに通ずる気がしますね。(笑)

 

感想のまとめ:アドラーの言葉は、奮い立たせくれる

今回、こちらの本を読んでみた感想。

アドラーさんの言葉って、
自分を奮い立たせてくれるものばかり

ちっぽけなことで悩んでいたり、
なかなか一歩が踏み出せない時。

そんな時に、
背中を押してくれる言葉がたくさん

今回は、5つしか紹介しませんでしたが、ほんとは100つ全て紹介したい…!(笑)

ちなみに、こちらの本、
読みやすさをかなり重視されています

嫌われる勇気』を読むのを挫折してしまった…という人におすすめです!

▽私の感想だけじゃ物足りない方はぜひ

 

関連記事

真面目すぎるとしんどい、つらい?真面目な人の悩み・ストレス解消法!

▽この記事をSNSでシェアする