就活しない生き方・方法を選ぶなら、大学生のうちに個人で稼ぐ力をつけるべき

就活しない生き方




こんにちは!女子大生のつねこです。

 

就活・就職をしたくない

「会社の下で働くんじゃなくて、個人で稼いでいきたい」

 

そう思っている大学生の方が、最近増えてきましたよね。

つねこ
私もその一人です(笑)

就活しない生き方をしたいと思うのは、いいことだと思っています。

ただ、就活・就職しない生き方を選んだのであれば、大学生のうちに個人で稼ぐ力をつけておくべき

 

 

就活は必ずしないといけない?

就活しないといけない?

 

就活しない生き方って、まだまだ珍しいですよね。

大学3年生頃に、みんな就活を始める。
これが日本の就活システム。

 

就活ルールの廃止が話題にはなったけど、まだ「就活⇒新卒入社」が一般的な時代。

「就活は必ずしないといけないの?」

そう考えちゃうと思うんです。

 

私個人の意見では、
大学生が就活を必ずしないといけない、とは思っていません

就活をしない生き方もあっていい

つねこ
実際、私も就活を全くしていない身なので(笑)

人と同じ生き方をしないといけないなんてルールはないですもんね。

 

海外の就活事情

日本では一般的な、『新卒一括採用』。

これって、日本特有の制度なんですよね。

 

海外では、即戦力を求める企業が多く、インターンの経験やスキルがないと厳しいのが現実。

そして、コネも大事になってくるそう。

日本の就活制度とは、かなり違ってますよね。

 

就活しない生き方に反対する人は必ずいる

就活しない生き方を選んだとしたら、必ず反対してくる人が出てきます。

多くの人が進むレールとは外れた生き方というのは、やはり反対されやすい。

 

もしかしたら、親御さんや身内の方から反対されるかもしれません。

一般的な人と違う生き方をすれば、反対されるのは当たり前

それを知ってるか知ってないかで、精神の保ち方も変わってくるので、書きました。

 

私自身、就職(就活)をしないことに対して、いろんな反対意見を頂いてきました(笑)

 

就活しないで生きていく3つの方法

就活しないで生きていくのは、大まかに3つの方法があると思っています。

1.フリーランス

日本では、まだ珍しいフリーランス。

会社や企業に属さず、個人で働く形態です。

 

フリーランスで働く主な職業・プログラマー
・ライター
・デザイナー
・イラストレーター

大学新卒1年目からフリーランスで働く「新卒フリーランス」、大学生のうちからフリーランスとして働いている人も増えている気がします。

個人で稼ぐ力をつけていれば、就活せずにフリーランスになることができますよね

 

2.起業する

アメリカでは、「優秀な若者は起業」とよく言われています。

だけど、日本では大学生のうちor新卒で起業をする人は少ないですよね。

ただ、起業もひとつとしてありますよね。

若いうちに、もし起業して失敗しても、
失うものはあまりないと言われているので、挑戦するのは全然ありじゃないかな。

 

3.フリーター・ニート

バイトをしながら生活するという手もあります。

または、親のすねをかじる(笑)

 

でも、やりたいことに挑戦したくて就活しないのであれば、1、2年フリーターでもいいですよね。

新卒の時給に換算しても、バイトの時給とたいして変わらないですからね。

 

個人が稼ぎやすい時代になっている

昔に比べて今は、個人が稼ぎやすい時代

社会に出ていない私でも、それは感じています。

今話題の、編集者の箕輪さんや、ミニマリストしぶさんなど、個人で稼いでいる方もたくさんいらっしゃいますよね。

 

Youtuberやブロガーさんにも。
TikTokやInstagramなどのSNSで、信用を得ることで稼いでいる人もいます。

副業でやっていたら、それが専業になったというパターンも。

個人が稼ぎやすい時代になっている

つねこ
この時代に生まれてきてよかった~。

 

就活しない生き方をするなら、個人で稼ぐ力をつけるべき

就活しない生き方を選ぶのは、悪いことではありません。

逆に、自分で考えて、就活しないと決断したことは素晴らしいと思います。

ただ、就活しない生き方を選んだのであれば、大学生のうちに個人で稼ぐ力をつけるべきです

生活できる最小限でも稼げるようになっているのでは、安心感が違いますよね。

 

個人で稼ぐ方法は、たくさんあります。

今すぐにでも行動していきましょう。

つねこ
私も力をつけていきます!

 

大学生が個人で稼ぐ力をつけるために、まずやるべき3つのこと

2018.12.06

▽この記事をSNSでシェアする