手荒れを治すには水から避けるべき。手荒れが良くなった私流の治し方

手荒れを治す・治し方は、水から避けること

手荒れ、辛いですよね。

指が少し切れたり、皮がむけたり。

私も自身10年以上、手荒れには悩まされてきました(笑)

 

ただここ数か月、そんな手荒れが良くなってきました。(嬉しすぎる

完全に治ったというわけではないけど。

 

なんで良くなったんだろうと考えてみた結果、水を扱わなくなったからだと気づきました。

ということで今回は、私流の手荒れの治し方、そして治すにはどうすればいいのか書いています。

 

10年以上続いた手荒れが良くなったのは、バイトを辞めてから

そもそも水を扱わなくなったのはなぜかと言うと、バイトを辞めたからなんです。

 

飲食店のバイトをしていたので、水を使うことが多かったり、アルコールを使うことが多かった

それで手荒れがひどくなっていました。

手荒れの人は水仕事は控えたり、ゴム手袋をつけたりすべきなんですけどね(笑)

 

水仕事やアルコール、刺激の強い洗剤を使っていたのが原因でした。

なので、バイトを辞めてから手荒れが少しずつ良くなっていきました

 

私流の手荒れの治し方

バイトを辞めてから手荒れが良くなったわけですが、ここからは私流の手荒れの治し方を紹介していきます。

 

1.水仕事を避けるor注意する

水仕事をする機会が減ったのが一番ですね。

もちろん家では、食器洗いやお風呂掃除は毎日しています。

 

ただ、その時は常にゴム手袋をつけてやっています。

これだけでも、ずいぶん違いますね。

手荒れの人は、極力水を扱わない、またはゴム手袋を着用したりと対策をするといいです

 

2.洗剤やアルコールもなるべく手につけないように

手荒れの人なら分かると思うけど、アルコールとか刺激の強い洗剤・ハンドソープっめっちゃ荒れますよね(笑)

バイトや飲食店、それを使わざるをえない場合は、しょうがないかもしれませんが。

 

それでも、なるべく使わない、または手につけないように気をつけるだけでも治るスピードは違ってくるはず

 

手荒れを治すには、水や刺激の強いものから避けるべき

手荒れが治ったのは、バイトを辞めたのが大きかったです。

それは、水や刺激の強いものを扱うことがかなり減ったから

 

仕事上、水や刺激の強いものを扱わないといけない人もいるかもしれませんが、なるべく避けるように意識してみるだけでも効果はあると思います。

 

あとは、こまめにハンドクリームを塗ることです。

 

手荒れ予防に最強だった!おすすめハンドクリーム2選

2019.01.08

ファンデーション代わりにベビーパウダーで化粧。メリット・デメリットは?【体験談】

2018.08.10

▽この記事をSNSでシェアする