映画感想レビュー『神様メール』。メッセージ性の強いファンタジー映画だった

映画感想レビュー「神様メール」




こんにちは!映画好きのつねこです。

 

映画の感想をレビューしようと思います。

今回レビューする映画は、『神様メール』です。

 

まずポスターが可愛いかったので、見ずにはいられなかった(笑)

ファンタジー映画ということで、絵本のように楽しく見ながらも、メッセージ性のある内容でしたね。

 

映画『神様メール』あらすじ

  • 製作国:ベルギー、フランス、ルクセンブルク
  • 公開年:2015年
  • 監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル
  • 主演:ピリ・グロワーヌ

原題は、『LE TOUT NOUVEAU TESTAMENT(仏)/THE BRAND NEW TESTAMENT(英)』。

 

神様(演:ブノワ・ポールヴールド)は実在した。
が、とても意地悪い神様

神様は、パソコン一台で世界を支配し、人々を苦しめていた。

そんな現状をどうにかしようと、娘のエア(演:ピリ・グロワーヌ)は、神様のパソコンを使って、人々に余命を知らせるメールを送ります。
そして、家出をする。

世界を救おうとする少女とその周りの人たちが作り上げる物語。

 

ベルギー、フランス、ルクセンブルクの3国共同で作られたようですが、フランス映画のような雰囲気がありました。
(舞台は、ベルギーのブリュッセル。)

 

見た感想【口コミレビュー】※ネタバレあり

  1. 普遍的な不快の法則
  2. 余命は知っているほうがいいのか?
  3. フランス映画らしい可愛さとロマンス

 

1.普遍的な不快の法則

自分が作り上げた不快の法則で、苦しめられる神様。

過去の自分の言動が、のちに自分を苦しめることに

これって、いろんなことに言えるんじゃないかと。

 

『神様メール』の場合、神様は人の苦しむ姿を見たくてやっていた。

いじわるな行動が、自分に跳ね返ってきたんだろう。

 

自分をおごり高ぶって、周りの人々を見下す

「そんな大人にはなっちゃだめだよ。」と言っているようだった。

常に謙虚な姿勢でいたいですね。
自分がどんな人物であろうとも。

 

2.余命は知っているほうがいいのか?

『神様メール』劇中では、ある日突然、自分の余命を知らされるメールが届く。

自分の余命を知らされるって、どんな気持ちなんだろうか

 

そもそも、余命は知っているほうがいいのか?

つい、自分に置き換えて考えてしまいますね。

余命は何十年先かもしれないし、数日後かもしれない。

人はみな、死に向かっているのは当たり前。

 

でも、死へのタイムリミットは知りたくないと、私は思ってしまう。

病気や高齢で余命が長くない場合は知りたいが、元気いっぱいの時は知りたくない。

そう思いました。

 

『神様メール』で登場する人たちは、余命宣告のメールが届いても落ち着いている人ばかりだった。

みんな「残りの期間を、どのように過ごそう」と考えて行動していた。

そこで、自分が本当にしたいことは何か見えてくる人もいた。

『神様メール』では、自分の死と向き合うことで、人生について見つめ直してほしいというメッセージが込められていると思いました。

 

3.フランス映画らしい可愛さとロマンス

厳密にはフランス映画とは言えませんが、『神様メール』はフランス映画っぽい

フランス映画は、やっぱりロマンスを存分に入れてきますねえ(笑)

そこがまたいいんですけどね。フランス人は芸術に愛は不可欠なのかな。

 

最初は、娘エアのナレーションから物語は始まる。

エア役の女の子の声が、とにかく可愛い。

最初の時点で、癒されました(笑)

 

そして、最後のエンドロールも可愛らしくて。

女神が縫った刺繍なのかと思わせる。

 

フランス映画の雰囲気が、かなり出ている映画でしたね。

なので、フランス映画が好きな人は、好きだったんじゃないでしょうか。

 

まとめ:映画『神様メール』は、メッセージ性の強いファンタジー映画だった

映画『神様メール』。

感想を一言でまとめると、
メッセージ性の強いファンタジー映画でした

 

ファンタジー映画の可愛らしさもありつつ、メッセージ性のある映画になっていた。

まるで絵本のような物語、というべきだろうか。

子どもから大人まで、幅広い世代に楽しめる映画です。

 

 

田舎が舞台!邦画・外国映画別おすすめ10選【映画で田舎の雰囲気を味わう】

2019.03.08

【2019年最新】Amazonプライムビデオで観れる!名作映画おすすめ23選

2018.12.09

▽この記事をSNSでシェアする