映画感想レビュー『下妻物語』。対照的な少女2人の友情と笑いのエンターテイメント

映画感想レビュー「下妻物語」




こんにちは、映画好きのつねこです。

 

映画の感想をレビューしようと思います。

今回レビューする映画は、『下妻物語』。

 

予想以上に、面白かったww

独特なキャラを持つ二人のやり取りが、最高でしたね。

 

映画『下妻物語』あらすじ

  • 製作国:日本
  • 公開年:2004年
  • 監督:中島哲也
  • 原作:嶽本野ばら
  • 主演:深田恭子

 

ロリータ・ファッションをこよなく愛する竜ヶ崎桃子(演:深田恭子)と、暴走族に属している白百合イチゴ(演:土屋アンナ)。

一見対照的に見える女子高生の二人が、ひょんなことから仲を深めていく。

好みの全く合わない二人が、友情を育んでいく様子が見どころじゃないかな。

深田恭子と土屋アンナの組み合わせが、個人的に想像できなかったけど、それがよかった。

そして、他出演者も豪華でしたね。

 

見た感想【口コミレビュー】※ネタバレあり

  1. 正反対のようで、似ている2人の少女
  2. 2人の真っすぐな性格と情熱が、物語に深みを出している
  3. 細かいギャグで笑わされた

 

1.正反対のようで、似ている2人の少女

ふわふわ系でお嬢様のような桃子。

それに対して、オラオラ系でけんかっ早いイチコ。

表面的に見ると、正反対のような二人ですよね

 

映画の中でも、考えが合わないことが多々ありました。

イチコは、桃子の洋服をバカにしたり。
桃子は、バイクに興味が全くなかったり。

 

ただ、そんな二人にも似ている部分がある。

それは、孤独な少女であるという点
(私が感じているだけかもしれませんが。)

 

桃子は、学校の友だちはいない。
イチコは、学校でいじめられている。

二人とも、学校で孤独に過ごしているんです。

だからこそ、性格や考えは違えど、仲を深めていくようになったんだと思う。

 

2.二人の真っすぐな性格と情熱が、物語に深みを出している

桃子とイチコの2人は、それぞれ熱く語れるほど情熱を注ぐことがある。

  • 桃子:ロリータ・ファッション
  • イチコ:バイクで疾走

 

そして、二人とも真っすぐな性格をしている。

「いや、ひねくれているだろ」と思う人もいるかもしれませんが、少なくとも私はそう思いました。

 

真っすぐで自分に正直で。

無理して人と合わせようとせず。
自分の信念を曲げない。

そんな二人が、『下妻物語』の物語に深みを出していたんですよね

ちなみに、幼少期の桃子が言った、

「人間は幸せを前にすると急に臆病になる。幸せを勝ち取ることは不幸に耐えることより勇気がいるの。」

というセリフ。

私の想像ですが、叶うとも思っていなかった幸せを前にしたから、その言葉を思い出したのだと思うんです。

でも、この気持ちわからなくもない…。

どこか胸に響くセリフ。

 

3.細かいギャグで笑わされた

田舎ならではのギャグは、面白かったですw
「服を買うならジャスコ」とかww

 

桃子の両親や心の声。

桃子の話し方が、一層面白さを引き立ててましたね

ラストの桃子も、面白かった。
というより、ギャップにびっくり仰天。

 

『下妻物語』は、役者さんが豪華だったのですが、みなさん個性的なキャラクターを演じていました。

少なくともどのキャラクターも一回は、笑わされましたねw

桃子の両親やおばあちゃんがパンチありすぎて……そりゃ個性の強い桃子が誕生するわけだ。

 

まとめ:映画『下妻物語』は、対照的な少女2人の友情と笑いのエンターテイメント

映画『下妻物語』。

対照的な少女2人が、友情を育んでいく物語。

 

若者向けな映画かと思っていたのですが。大人も楽しめる演出になっていましたね。

てか逆に、大人のほうがファン多そう

友情だけじゃなく、笑いがふんだんに盛り込まれていたのが面白すぎましたw

若い方から大人まで、幅広い世代の人に見てもらいたい映画です。

 

 

関連記事

ほっこり癒しの邦画11選~ほのぼのと穏やかな気持ちになれる日本映画

田舎が舞台!邦画・外国映画別おすすめ10選【映画で田舎の雰囲気を味わう】

▽この記事をSNSでシェアする