カナダの魅力・良さ4選!カナダマニアが本気で語る【自然豊かだけじゃない】

カナダの魅力・良さ4選!カナダマニアが本気で語る【自然豊かだけじゃない】




こんにちは、つねこです。

 

「自然が多い」「寒い」というイメージの強い国、カナダ

だがしかし、カナダには素敵な魅力・良さがたくさんあるんです。

 

なのでここでは、
カナダ好きの私が、カナダの魅力・良さを4つほど紹介していこうと思います。

 

カナダマニアが本気で語る!カナダの魅力・良さ4選【自然豊かだけじゃない】

 

カナダの魅力・良さ4選
  1. 多文化・多言語主義
  2. 街並みの美しさ、自然との共存【空気感が好き】
  3. 現地の人の優しさ、治安の良さ
  4. 歴史・文化を大事にしている

 

1.多文化・多言語主義

カナダは、いろんな文化・言語が飛び交う国。

特に、カナダ第1の都市トロントは、人口の約半数が移民であると言われています。

 

そもそも、公用語が英語とフランス語の2言語であるのも、カナダの魅力の一つ。

イギリス文化とフランス文化を軸として、さまざまな移民の文化と共存しています

 

その背景には、政治的な政策も関係しており、20世紀後半から多文化・多言語政策を推進したことが大きかったです。

ちなみに、トロントには80以上の移民のコミュニティがあると言われ、混じり合わずエリアごとに分かれているのが特徴。

 

カナダは都市や州によって、文化・主要な言語も異なるので、観光に行く際は複数の州を見て回ると多文化的なカナダをより知れると思います。

 

2.街並みの美しさ、自然との共存【空気感が好き】

カナダは何と言っても、街並みが美しい。

カナダは、州や地域によって街並みや雰囲気も違うので、観光も楽しめます。

 

私がカナダに興味を持つきっかけとなったのは、自然と共存している姿勢を見たこと

カナディアンロッキー、ナイアガラの滝など、カナダでは自然と共存しているイメージがありますよね。

その姿に少しずつ、興味をひかれたのだと思います。

 

ちなみに、カナダのイエローナイフはオーロラ観光で有名な街。

オンタリオ州とケベック州で見られる紅葉、メープル街道も観光名所です。

カナダの広大な土地では、地域によって様々な自然と触れ合えることができるのも魅力の一つ。

 

カナダに行ってみると分かるのですが、どの場所でも木々や花がたくさん植えられていて、街中にも自然が溶け込んでいました。

だからこそ、街並みがキレイなんでしょうね。

自然や美しい街並みは、カナダの魅力です。

 

3.現地の人の優しさ、治安の良さ

カナダ人は、性格がおどやかで優しい人が多い気がします。

 

通りすがりの方はニコッと笑顔を向けてくれましたし、気さくに声をかけてくれる方もいました。

ジョークを言ってくる人もいたり、ちょっかいをかけてくる人も(笑)。

 

だけど、個人を尊重しているので、人の目を気にしている人はいなかったり。

カナダ人の程よい陽気さと穏やかさが、とても心地よかったです

 

そんな方が多いからか、カナダは治安が良いことで知られています。

実際、夜に出歩いても平気でしたし、物騒なことに遭遇したりもなかったです。

完全に警戒しないのもよくないですが、カナダの治安の良さは本当だと思います。

 

4.歴史・文化を大事にしている

フランス領、イギリス領時代、アメリカとの関係、イギリスからの独立など、カナダには様々な歴史があります。

それと同時に、アメリカ、イギリス、フランスとは違う、カナディアン・アイデンティティを形成させていきました。

 

カナダ人が自国愛・地元愛が強いのも、そのような歴史的背景があるから

トーテムポールなど、先住民の文化も守り続けていることも見て取れます。

 

例えばケベック州では、フランス系の住民が約8割を占め、ケベコワ(ケベック人)の文化・伝統が大切にされています。

それは独立問題となるほどで、ケベック州の文化・歴史を守る想いは強く、住民の団結力も固いです。

 

カナダの文化・歴史を知れば知るほど、カナダ国民がとても大事にしているのが分かります。

 

カナダの魅力・良さはこんなもんじゃない

カナダの魅力・良さはどうでしたか。

カナダ好きとしては、カナダに少しでも興味を持っていただけたら嬉しい限りです。

 

ただ、カナダの魅力って言葉では表現できない面もある気がします。

見ると聞くとでは大違いです。

 

文章では伝えきれない部分もありますが、少しでもカナダの魅力・良さが伝われば嬉しいです。

 

関連記事:
意外と知らない?カナダに関する雑学をクイズ形式で紹介!【知るほど魅力的な国】

▽この記事をSNSでシェアする